形立派な海老様

d0034501_17533488.jpg





2010年9月27日(月)
南座九月大歌舞伎
通し狂言「義経千本桜」
 夜の部
市川海老蔵、坂東玉三郎、他


千秋楽。
これでもかと海老蔵の形よさを展開する夜の部。



阪急の河原町駅に着いて、お弁当を求めに高島屋の地下へ。
ひさご寿司のちらし寿司を買って、次は銭湯。

d0034501_19414847.jpgd0034501_19253369.jpg





2~3年前、宮川町の歌舞練場近くを歩いたときに
あるのを発見した、団栗湯
どんぐりって漢字でこう書くんやと一勉強。
思ったよりきれいで、錦湯のレトロ感とは違って、
清潔感がうれしい。

おけぴで譲ってもらったチケットは、3階1列目の2番。
上手が見えづらいけど、海老蔵の動きを見るにはいい席。
宙乗りは手拍子まで集めていたけど…。
お芝居としては物足らないけど、
やっぱり、海老蔵が形を決めると有無を言わさない。

歌舞伎通の評価はこちら
九月南座「義経千本桜」の感想 中
九月南座「義経千本桜」の感想 下

仏教用語の「三千世界」が2度台詞に登場するのも、
死生観がにじみ出てきて、台詞の深さがいい感じ。
・小金吾討死の段
 「死なぬと申せしは偽り。三千世界の運借つても、
  なんのこの傷で生きられませふ。
  内侍様、六代様、これがこの世のお別れでござります」と、
 思ふ心も断末魔、知死期も六つの暮過ぎて、
 朝(あした)の露と消へにける。
・すしやの段
 モヽヽヽもふ腹が立つて腹が立つて、
 涙がこぼれて胸が裂くるわい。
 三千世界に子を殺す、親といふのはおればつかり、
 あつぱれ手柄の因果者に、よふしをつた

帰りに出入口が混雑してるなと思ったら、
新妻、麻央ちゃんが着物でお見送り。
あんまり興味なかったけど、
目が大きくてやっぱりべっぴんさん。
おばちゃんらの声がけにニコニコしてて、
いらんことしゃべれへん感じはよろし。
[PR]
by mamorus7 | 2010-09-27 22:03 | 芸能


頭、いかれてる


by mamorus7

プロフィールを見る

検索