平井さん、おつかれ!

d0034501_5245384.jpg



2010年10月29日(金) 19:00
Hirai Tribute
mothers(大阪・北堀江)

3月に亡くなった平井さんのトリビュート・イベント
生前にどんな葬式したいの?と聞いたら、
音楽葬と言ってたので、こんな形に。



いろんな人が集まっての軽い同窓会みたいな感じ。
BGMは平井さんがHDDに落としていた
iTunesの音源を中心に編集。
HT Music
HT Music(ボツ)
写真もあったり、平井さんのバンドのライブ映像もあったり、
いろいろ残しておいてくれると、素材が豊富でやりやすかった。
平井さんとはいろいろあったけど、
葬式や送る会は、残された人のためにあるんやなぁと
あらためて考えさせられた。

平井さんがやってた道頓堀のマリアテレサは、
ぼくが10代やったときは、グラム。
Roxy MusicやDavid Bowie、T-Rexのグラム。
梅田のヴィジレッジ5とミナミのマリアテレサは、
ロック~ファッションの臭いにあふれていた。
カセットマガジンのTRAを大阪で配本するときも、
マリアテレサ2FのT-MARTに置いてもらったりした。
気分屋雑貨店のロゴやチラシも手伝ったりした。
できたばかりのイタリアンの「タベルナ・キンタ」で
ランチをよくおごってもらい、ワインとエスプレッソで、
ぜいたくな暇生活を楽しんでた80年代中頃やった。
扇町のミュージアムスクエアに平井さんがつくった
「スーベニール」という雑貨スペースのBGMも作った。
梅田のエスト1がFM大阪でやってた番組を作り直すというので、
平井さんに頼まれて、ぼくが「ラジオ・アバウト」という
酔狂な番組も2年ほどやった。
David Sylvianや立花ハジメさんのインタビューをしたのもその頃。

アメリカ村でネストやキクソティック・バーに入り浸ったたり、
ロイヤルホテルのリーチバーやこれまたアメリカ村のFUKUで
大人の酒場を教えてくれたのも平井さん。
ぼくと当時の彼女と平井さんでよくルーミング心斎橋という
ホテルのようなレンタルルームに泊まったりもした。
絵に描いたような貧乏な時代は、
よく平井さんに世話になって大きくなった。

ぼくのつくった会社に投資させろとうるさかったけど、
スポンサーをもつのは嫌だったので断って、
802とかで忙しくなった80年代末からはあんまり
一緒に遊ばなくなってきてた。
それから20年以上…。

悪いけど、楽しいイベントになって、ほんとよかった。
ゴダールの「勝手にしやがれ」を気取って、
ジャン=ポール・ベルモンドのように
「俺は最低や」とほざいていた平井さんには、
「One Plus One」の悪魔を憐れむ歌を贈りたい。
[PR]
by mamorus7 | 2010-10-29 19:00 | 宗教・生死


頭、いかれてる


by mamorus7

プロフィールを見る

検索