盆前の薪能





2011年8月11日(木) 17:30
第55回大阪薪能
生國魂神社

昨年で終わってしまった大阪城薪能。
もう夏は生玉さんの薪能だけ。



いつもは法善寺のジャズと重なっていることもあって、
自転車で行って、入らずに表から謡を聞いていた。
今年はようやく観に。
暑いと思って、大きな保冷剤を小さなクーラーバッグに入れて、いざ出陣。
真田山で泳いで、それから生玉さんと思ってたけど、
前夜よく呑んで、昼からうちのおかあちゃんの
お参りに来る人もあって、
なんやかやで泳ぎに行けなかった。
生玉さんで演る狂言で、本を持っていないのもあるので、
梅田の阪神百貨店の地下の入口前の古本屋さんで探したけど、
「敦盛」が珍しくない。
かっぱ横丁まで行こかなと思たけど、
時間もないのであきらめて谷町線の地下鉄に乗ろうとしたら、
野井さん遭遇。
中之島の展覧会ではしゃべっていなかったけど、
久しぶりにしゃべったら、体が心配。

生玉さんに着いたら、もう開場してる。
夕陽の暑さは心配してるよりまし。
能んときはもの食うたらあかんねでぇ。
神式みたいなもんやから。
生國魂の狂言よりやっぱり紅葉狩の方が本格的。
でも、石橋や紅葉狩の芝居がかったのより、
謡がグイグイひっぱり狂言のが好き。

でも、やっぱり薪は暑い。
蛍光灯の灯りはじゃま。

 炎に浮かぶ幽玄世界 大阪薪能始まる - 大阪日日新聞
[PR]
by mamorus7 | 2011-08-11 17:30 | 芸能


頭、いかれてる


by mamorus7

プロフィールを見る

検索