吹田の古民家で展覧会





2011年10月30日(日) 15:00
こみまる展2011 トークショー
吹田歴史文化まちづくりセンター「浜屋敷」

古民家で展覧会というニュースを見たら、藤本さんもトークイベントに参加ということで、
展覧会期の前日に行なわれたトークイベントに行ってきた。



 こみまる展:古民家で現代アート 15人と1組の作品展示--31日から吹田 /大阪

吹田と言っても相川の駅に近く、
庄内からだと自転車で40分くらいかかった。
区画整理もあまり進んでないので、古い旧家と新興の集合住宅が並存してて、
道がわかりにくい場所。
江戸末期の庄屋屋敷を復元した古民家は、
吹田の企業や個人が協賛・協力するNPO法人によって運営されている。



浜屋敷の施設案内パンフレット

この日は展覧会会期の前日。
土間やヘッツイがあって、土間を上がったところをステージにして、
「美術にまつわるマネジメントについて」のトークイベント。
20~30人のお客さんが雨の中、参加。
パネラーは、この公募展の審査員4名。
それぞれのアート・マネジメントが語られた。

加藤義夫さん (インデペンデント・キュレーター)
 こみまる展 2011 審査委員長
坂上義太郎さん (BBプラザ美術館 顧問)
 公立の美術館から民間に移籍した美術館の運営者
山城淳一さん (アサヒビール大山崎山荘美術館 学芸員)
 企業の作った美術館の学芸員
藤本由紀夫さん (アーティスト)
 ベネチアビエンナーレ出品2回 (※この紹介のされ方はおもしろい)

成り立ちの背景の異なるアートスペースのお二人と、
キュレータ、アーティストの4名、それぞれの立場の違いはもともとなので、
話をまとめるには消化不良。
ほんとなら、会場やこの展覧会の当事者もパネラーに参加していれば、
もうちょっとこの場を中心とした話になってたかもしれない。
藤本さんがアーティストのいろいろな職業としての背景を語った。
売れないアーティストの経済面を支えてるのは、先生商売だったり、
パトロンやパートナーが面倒見てくれてたりと人それぞれいろいろ。
なにがいいか悪いかという評価よりも、
ほとんど生き方と言っていいくらい、人それぞれ。
企業や行政が支えてるというのも、ある種人それぞれの一端。
そうだとは思うけど、現在~これからのアートはどうなるのか、
どういう立場、生き方で行くのか、参加者は知りたかったんやないやろか?
おもしろく聞けたのは、アサヒビールの会社の中でどのように、
アートと企業活動がリンクしているかの話。
またまとめてみたい。
この日のトークは、そううまく転ばないもんやった…。
雨がひどくなってきたので、その後の懇親会には参加せず、
隣の公園で一服ついてから、雨の中をママチャリで帰った。

翌日はあらためて展覧会を観に行く。
旧家の面持ちに作品が負けているのはしょうがないけど、
旧家が素晴らしい。
広々とした庭には江戸時代の民家が増設され、
母屋の裏にある倉も展覧会場に使われてた。

 こみまる展2011((第9回 古民家まるごとアートまるかじり展)
 浜屋敷 「こみまる展」 PartⅠ - 社長のひとりごと
 浜屋敷 「こみまる展」 PartⅡ - 社長のひとりごと
 古民家で現代アート「こみまる展2011」☆|蓮音のCOLORFUL生活ブログ

受付などでボランティアのおっちゃんがいて、愛想ないけど、
展覧会に合ったスタッフィングが望ましい。
畳の間に上がっても大丈夫とか、
ゆっくりしていってくださいとか。
よかったら記帳をとか…。
いろんな立場の人のボランティアによって支えられているこのような場所では、
よくこういうことがある。
企業や行政を定年退職したいい人が、ボランティアでがんばってくれてはるねんけど、
いかんせんサービスのプロではないので、
受付などをすると横柄な態度に見えることがある。

前日のトークショーの時も、懇親会に移る際、会場のスタッフが
「ここは人使いが荒いとこなので」みたいなことを言って、
観客に椅子を運ばしたりしてるのも嫌な感じ。
ちゃんとお客さんに説明して、お手伝いしてもらうべきとちゃうんやろか。
そのスタッフの横にいた若者は、ヘッツイさんに腰掛けてたのに、
そのスタッフは注意もしなかったことも、罰当たり。

帰りに近くの商店街を散策。
JR吹田駅の南側は、新旭町通商店街と旭通商店街が2列になって
下町商店街のダブル・ファンタジー。
高架下っぽい古びた新旭町通商店街では、
お餅屋さんと豆腐屋さんとキムチ屋さんに寄った。
松月堂
 豆大福、桃羽二重、よもぎ(こしあん・つぶあん)、草餅の5個で440円
倉田食品
 天ぷら盛合わせ、厚揚げの惣菜、信太巻で730円
 信太巻がおいしかった!
安田商店
 盛合わせができるみたいなことが表に書かれてたけど、
 200g以上やないとキムチのアソートはできひんかったから、買うのはやめた。
道路に面して明るい旭通商店街では、お惣菜屋さん、パン屋さん、鳥屋さんに寄った。
森下食品
 マカロニサラダ、ゴーヤとごぼうのきんぴら 430円
焼きたてパン工房 カナール
 お徳用の袋詰めパン、コロネ、メロン、クリーム 460円
・やきとり とり信
 肝、つくね、やきとり、×各2 480円?
 有名なお店らしい。
 とり信 - 吹田/デリカテッセン [食べログ] 

はじめてのとこ行ったら、商店街と銭湯は探検しがいがある。
[PR]
by mamorus7 | 2011-10-31 15:00 | 芸能


頭、いかれてる


by mamorus7

プロフィールを見る

検索