新猿之助 昼の部





2013年1月26日(土) 11:00
壽 初春大歌舞伎 昼の部
大阪松竹座

1月の松竹座は千秋楽。
あの毛抜や、中車さんの五右衛門など個性的な演目の部。



まずは一幕目、「正札附根元草摺」。
澤瀉屋の二人、猿弥・笑也による曽我もの。
形ばかりで心伝わらなくて、眠たい。

二幕目は、「毛抜」。
海老蔵さんの松竹座んときはめちゃ感動した演目。
右近さんの弾正は、これでもかというばかりの澤瀉屋スタイル。
しつこく眠たい。

三幕目は、義経千本桜の「吉野山」。
新猿之助さんの佐藤忠信実、源九郎狐。
静は藤十郎さん。
前の二幕が眠たかったせいか、めちゃきれい!
扇雀さんはむりでも、女型の藤十郎さんやったら一晩大丈夫かも。
新猿之助の凛々しさは、藤十郎さんの艶やかさとの対比でよけ映える。
新猿之助、めちゃかっこいい澤瀉屋。
澤瀉屋ばかりでやるんじゃなくて、この吉野山みたいに、
大御所と二人でからみあう芝居や踊りが見たくなった。
海老蔵さんみたいな個性的な役者さんというより、
相手とのコラボレーションが楽しみな新猿之助さん。
翫雀さんの道化も見事。
操り三番叟ともども道化の妙が、
襲名披露や1月の歌舞伎の季節感を盛り上げてくれる。

最後は、「楼門五三桐」。
中車さんの石川五右衛門、猿翁さんの真柴久吉(秀吉)のはずが、
猿翁さん休演で、新猿之助さんが代役。
中車さんの声は一ヶ月の舞台のせいか、疲れてる。
新猿之助さんが登場して、声を発すると、
中車さんの声の弱さが余計目立ってしまった。
猿翁さんやったら大丈夫やったかも。
まぁ、中車さんにはいろいろ苦労してもらわな。
チルドレンで呑んでる場合ちゃいまっせ。

珍しくカーテンコールもあって、休演の猿翁さんも登場。
大阪で観れんのは最後かもしれない。
襲名披露や孫の舞台で満足してはるから…。
もう一つ二つ揉め事があったほうが、長生きするかも。

ほんま正月らしい華々しさに飾られた松竹座でした。
帰りにアラビヤでコーヒー呑んでると、マスターが言ってた。
「松竹座の歌舞伎で一番入った一ヶ月らしい」
なんやかんやでテレビの力はそらある。
みんな福山の書いた緞帳を撮影してはったし…。

壽 初春大歌舞伎の演目と配役

顔見世&初芝居 - コットンプリント大好き!自由が丘マダム発

大阪松竹座「 義経千本桜 川連法眼館 」 山ちゃんの徒然日記/ウェブリブログ

[PR]
by mamorus7 | 2013-01-28 15:41 | 芸能


頭、いかれてる


by mamorus7

プロフィールを見る

検索