シルクロード・アンサンブル 7

d0034501_1481066.jpg



エンチャントメント~魅惑の響き
NHKスペシャル「新シルクロード」
オリジナル・サウンドトラック


5月8日(日) ETV特集
ヨーヨー・マとシルクロード・アンサンブルの仲間たち
~対話と創造の8日間~


【シルクロード・アンサンブルの理念3】
Creating~
「文化の大使」となり、創造的に音楽を創りだすこと~


ヨーヨー・マ
  「私は、シルクロード・アンサンブルのメンバー、ひとり一人が
   『文化の大使』になることが必要だと考えています。
   『文化の大使』とは伝統文化の担い手であることを自覚し、
   その素晴らしさを異なる文化の人たちに伝えようという
   意志をもつ人のことです。
   メンバー全員が私の考える「文化の大使」となることができれば、
   そこには必ずや創造的な音楽が生まれるはずです。」



ヨーヨー・マさんが「文化の大使」と尊敬する一人の人物がいます。

ヨーヨー・マ
  「演奏を聴くのがとても楽しみだよ。」

イランの伝統楽器、カマーンチェの演奏家であり、
イランに伝わるペルシャ音楽の第一人者でもある、
ケイハン・カルホールさんです。

シルクロード・アンサンブルの活動がはじまったのは2000年。
カルホールさんが作曲した音楽を演奏することからはじまりました。
そのときヨーヨー・マさんは、
イランの伝統音楽が西洋音楽とあまりにも違うことに驚き、
それ以来、二つの音楽を融合することができれば、
それはまったく新しい音楽になるのではないかと考えてきました。
二人はシルクロード・アンサンブルの活動を通じて、
互いが受けた影響について話し合いました。

ヨーヨー・マ
  「私が演奏してきた西洋音楽の源が、
   実はペルシャ音楽にあることをあなたから学びました。
   アンサンブルに参加して、あなたはどう変わりましたか?」
ケイハン・カルホール
  「音楽に対する姿勢がまったく変わりました。
   私はソロ演奏家として教育を受けました。
   演奏を通じて他の人たちと共に音楽への理解を深める
   喜びを知りました。」
ヨーヨー・マ
  「今ではあなたはそれを教える立場にいますよね。
   先ほど演奏していた『千頭の馬のギャロップ』という曲は、
   騎馬民族の雰囲気を感じますが…」
ケイハン・カルホール
  「私はイランの少数民族、クルドの家庭に育ちました。
   クルド民族の生活や音楽は、馬と強い結びつきがあります。
   私が弾きカマーンチェの弓も馬の毛でつくられています。」

二人の対話は古代シルクロードにおける東西の文化交流に及びました。

ヨーヨー・マ
   「おもしろい話があるんだけれど、ゾロアスター教が生まれたのは?」
ケイハン・カルホール
   「紀元前6世紀のペルシャです」
ヨーヨー・マ
   「仏教はシルクロードを伝わり、ゾロアスター教の影響を受けました。
    日本の東大寺の『お水取り』ですが、
    2700年も前に生まれた慣習が
    数千キロも離れた場所で残っているのです。」
ケイハン・カルホール
   「古より人間という存在は、
    旅をしながら様々な文化を吸収し、
    新たな文化を創りだしてきました。
    シルクロードの人々は旅をしながら、絹やスパイスなどを取り引きし、
    それだけでなく、思想や音楽など文化の交流も深めました。
    ときには友愛を築き、ときには対立を招く。
    そうした様々な偶然の出会いと出来事が
    人間の文化を豊かにしてきたのだと思います。」
ヨーヨー・マ
   「まるであなたの人生のようですね。」

中国・西安からローマに至るはるかなシルクロード。
そのなかほどに、カルホールさんの母国、イランがあります。
実は2004年の夏、アメリカ人の若い二人の音楽家が
カルホールさんのもとを訪れていました。

ビオラ奏者のニコラス・コーズさんと、
バイオリン奏者のコリン・ジェイコブセンさん。
カルホールさんが最初に見せたのは、
じゅうたんに見られるペルシャ文化独特の模様でした。
永々と繰り返される蔓草(つるくさ)の模様。
そこには旺盛な生命力への人々の憧れが込められています。
ペルシャの芸術の背景にある思想を理解することが、
ペルシャ音楽を演奏するために役立つとカルホールさんは考えています。

コリン・ジェイコブセン
  「ペルシャ音楽の特徴は、フレーズを繰り返すことだと知っていましたが、
   ペルシャ模様と共通点があったのですね。」
ニコラス・コーズ
  「じゅうたんの模様が背景から浮かび上がり、
   色のコントラストをなしている感じは、
   カルホールさんの曲の雰囲気に似ています。」

Mohini (Enchantment)/Yo-Yo Ma;The Silk Road Ensemble

イントロダクション
シルクロードへの想い
唐の時代の中国から21世紀へ
シルクロード・アンサンブルの理念1
Mentoring ~東西の音楽の融合~
シルクロード・アンサンブルの理念2
Communicating ~旅をして世界の人々と交流すること~
【シルクロード・アンサンブルの理念3】
Creating~ 「文化の大使」となり、創造的に音楽を創りだすこと~
[PR]
by mamorus7 | 2005-05-08 23:07 | 芸能


頭、いかれてる


by mamorus7

プロフィールを見る

検索