一時外泊

d0034501_16164299.jpg



2011年2月10日(木)
~2月13日(日)
病院から外泊へ

外泊許可が出たので、3日間は病院からご放免。
シャバの空気は清々しい。



夕方の謡のお稽古用にICレコーダーを自宅に取りに戻って、
庄内駅前の肉ふじでコロッケと串カツを買って
たまらず駅前で立ち食い。
カニクリームコロッケもお薦め。
 豊南市場でお買い物
コロッケが食べたいと言ってたんで、
佳代さんは南森町の中村屋のコロッケを
差し入れしようとしてくれてた。感謝。
上本町の山武のスコッチエッグ小も食べたい一品。

若松でのお稽古は、春の会用に「屋島」。
義経なんで、がんばらないと。
病院生活のために必要なものを事前に書き出して買出しも。
食べたいものは思ったよりない。
やっぱり入院生活は味覚を台無しにしているみたい。

2/11(金)は自宅でテレビ番組の録画観倒し。
といっても、ネットにアップされている動画。
録画しなくても、粗い画像で観れる。
 世界最強の高画質4HD PANDORA.TV

土曜は、いつもの大阪市立中央図書館にCD返却。
またCDを借りて、ついでに高村薫の本も。
小説じゃなくて、評論もの。
せっかくミナミに出るねんから、なんかおいしいものでもと思ったけど、
そんなにたいそうなのが思い浮かばず、
珉珉の南千日前本店で、580円の芝海老チリソース定食をいただく。
卵にエビチリをかけたメインディッシュにスープとライス、そして元祖の餃子。
シンプルでおいしおます。ここは白い焼きそばもえぇ感じ。
天王寺のマルヨシでハンバーグとオムライスでもと考えもしたが…。
夕方は、梅田のYCで、焼豚とチェダーチーズのサンドイッチと
コーヒーのセット、700円。
昔はよく、新梅田食堂街で女の子と終電まで飲み明かしたり、
YCで旅行の待ち合わせをしたりした。
今はやっていないみたいやけど、
昔はコーヒーの中に一粒だけ豆が入っていて、
はじめて来たとき、コーヒーらしいコーヒーやと感動した。

夜は自宅近所の銭湯へ。
傷口をカバーしての入浴はめんどくさい。
また日曜から入院。
バレンタインも誕生日もOn The Bed。
謡の復習でもでもして過ごすしかない。
春、きびし…。

日曜の午後、病院に戻る。
なんか土曜にうろうろしてたのが足にきたみたい。
1週間ベッドの生活は、足をますます老化させたみたい。
お風呂もろくに入れてなくて、皮膚が角質化してきたので、
スキンクリームも必需品。
病室に荷物を置いてから、1階のドトールでサルサドッグとコーヒー。
シャバ生活を名残惜しむ。
[PR]
by mamorus7 | 2011-02-10 17:00 | おいしいもん


頭、いかれてる


by mamorus7

プロフィールを見る

検索