サントリーミュージアムのその後





2011年8月31日
旧サントリーミュージアム〔天保山〕の活用方策について
大阪市市政 政策会議

ぼくがいろいろ整理してみたサントリーミュージアムのことが、
8月末に方向性が決まってた。



旧サントリーミュージアム〔天保山〕 活用の進捗まとめ
(大阪市発表の資料を整理しました)

大阪市は活用についての提案を募集
 <大阪市の思惑>
 ・運営費を削りたい
 ・とりあえずギャラリーを中心に活用したい
  (近代美術館所蔵コレクションの暫定展示など)
 ・シアター部分も含めて、全体を活用したい
 ・民活でなんとかしたい   
    ▼
活用についての提案が充実してた

 ・5者が応募
 ・ギャラリー以外も含め、施設全体を活用できる案
 ・長期間(10年間)集客できる案
 ・事業としても成立しそうな案
    ▼
大阪市は活用について考え直した

 ・ギャラリーを近代美術館展に使える全体展開案では、
  シアターなどがギャラリーと一体的に使えない。
 ・大阪市が一部を使ってやるよりも、全部貸した方が集客できる施設にしやすい。
 ・全部貸して、民間にがんばって集客してもらったほうが、築港がにぎやかになる。
    ▼
大阪市は活用方針を決めた

 ・旧サントリーミュージアム〔天保山〕で近代美術館展をするのはやめて、
  施設全部を民間でやってもらおう。
 ・どこの事業者に貸すかは入札で決定する。 ※①
  (施設の維持管理費や改修費などは事業者が負担)
 ・平成24年度以降、本格的に活用。
  (本格稼動までの間は、大阪市がイベントを誘致したりしましょ)
 ・近代美術館展は他の場所でやらないとあかん。
    ▼
入札しまっせ!
 (11月下旬から募集) ※②
    ▼
落札事業者と貸付契約
 (2012年3月末までに)

※参考資料
 大阪市市政 政策会議 会議要旨(平成23年8月31日)
 旧サントリーミュージアム〔天保山〕の活用方策について
 大阪市事業者の方へ 一般競争入札による市有不動産の貸付予定物件

※①:提案した事業者が落札できるとは限らへんみたい。
    案だけ使われて、他んとこが落札することもあるんやろか?
    それとも、後ろで約束ができてて、提案したとこがめちゃ高い家賃で落札して、
    大阪市の職員の天下りを受けるん?
※②:入札についての詳細は、大阪市のHPにないので不明。
    なんか知らんまにいろいろやられてる感じ。

これまでの経過は以下に。
 大阪市のサントリーミュージアム活用策

結局、なんに活用されるかは不明やけど、不動産屋やデベロッパーとしての大阪市は、
いろいろ理想を言ってたけど、サントリーさんにかわるテナントを見つけて、
なんとかしてもらおうというところ。
施設と地域の協働やまちの活性化については具体的になっていない。
サントリーからもらったポスターもどうすんのやろ?
8月末にこんなことになってたのは気づかへんかったけど、
来年は3月から3ヶ月間、ツタンカーメン展が行われるよう。
これは「暫定的利用」としてやろけど、
その後から工事が入って、リニューアル・オープンになるんやろう。
サントリーミュージアムがツタンカーメンの亡霊とともに一時復活するのも不思議。
ファラオの呪いにならないように願うばかり。
 秘宝122点「ツタンカーメン展」 来年、東京・大阪で開催 - SankeiBiz(サンケイビズ)
 ツタンカーメン展

大阪市の大きな懸案事項である近代美術館については以下。
 「大阪市行政評価委員会」から大規模事業評価についての「最終とりまとめ」を受けました
 大阪市立近代美術館整備事業にかかる大規模事業評価について(最終とりまとめ)
 大阪市市政 平成22年度 第2回大阪市行政評価委員会大規模事業評価部会 会議要旨

橋下市長になったんやから、近代美術館建設は中止にして、
既存の施設などを活用して、ハコのない近代美術館活動にしたら、
大阪全体で盛り上げられる。
中之島の新利権はきなくさい。

ふりかえると、サントリーミュージアムが休館すると話題になった時、
いろいろネット上で騒がれた。
 サントリーミュージアム 建物を大阪市に寄贈  - 47NEWS(よんななニュース)
 ゴリモンな日々 | 休館するサントリーミュージアム

サントリーミュージアムの問題点を的確に整理してるのは、
橋下さんのブレイン。
公立や私立ということからNPO立、共立という考え方の提案もしてはる。
博物館の経営ということの視点でブログを書いてはる人もいる。
近代美術館はやるとしても、この辺の考え方を参考にしてほしい。
近代美術館だけじゃなく、この際大阪市立の施設で取り入れてほしい考え方。
 大阪・天保山のサントリーミュージアム休館問題 上山信一@"見えないもの"を見よう
 クロニクル加賀の素浪人 : 博物館を民間が払下げ(行政へ払い上げかな)の巻

千里の民博ですら、入場者数の低下をくいとめようといろいろ努力してはる。
90年代に館長さんに取材したとき、
民博が競合してるのは百貨店の催事なんかもあり、
どうしていっぱいのお客さんに来てもらうか、考えてはった。
そのために、社会見学や遠足で民博に来る学校の先生が
生徒用に作成したしおりを収集して分析してはった。
民博が作成したパンフレットよりも充実してるから。
親が子に教えられて、みたいなもん。

活用に関しては、市民との協働なんかも理想として掲げられてたけど、
ソーシャルメディアの活性化に活かせる拠点づくりを提案しようとしてる人もいる。
 ここをソーシャルメディアの活性化に活かせるように要望を提出いたします!
   ⇛ 大阪市市政 旧サントリーミュージアム〔天保山〕活用方策にかかる企画提案募集
   TOSHIHIKO MICHIBATA(道端俊彦)

現在の吉本興業の社長の大崎さんは、新喜劇やめよっカナ!?キャンペーンを展開し、
逆に新喜劇再生に成功しはった。
新喜劇がなくなるかもとのニュースを見て、
観にいってもない人がノスタルジーだけで「なくなるのは嫌や」と言ってた。
あんたらが観に行かへんから、やめることになりそうなんや!
サントリーミュージアムもその感が強い。
橋下さんが大阪を再生しようととってる手法も、大崎さんの手法に似てるかも?

大崎さんと紳助さんのやりとりがニュースになってた…。
 紳助ショック 芸能界の常識やった
[PR]
by mamorus7 | 2011-12-06 12:47 | 社会


頭、いかれてる


by mamorus7

プロフィールを見る

検索