母の一周忌(大阪編)





2012年4月27日(金) 11:00
母一周忌の法事
庄内の自宅

亡くなって1年。徳島のいなかにある墓に納骨したけど、
家の仏壇には分骨した小さい壷もあるんで、自宅で先行法事。



一周忌の準備にいろいろ買いに走った。

●お花 3種 ¥884 (コーナン 豊中島江店
いつもはDAIKIでお花を買ってたけど、
100均のダイソーに来たついでに、コーナンで物色。
気の利いた切花があったんで、買っといた。




芍薬透かし百合といつもの仏花。
仏さんの花はいつもよりスペシャルなのにしておいたけど、
芍薬と透かし百合は300円もしないのに、うつくしいお姿。
芍薬は30%OFFの見切り品(208円)なんで、4~5日しかもたへんかった。
うちの庭には白と赤の椿が咲いてるんで、
立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」の
牡丹を椿にメンバーチェンジしたようなもの。
三役完成やね。


GW後半には、こんなお花も買い足した。
切花は298円、ポットのマリーゴールドは78円。
たいそうな花束じゃなくても、リーズナブルに季節を楽しめる。

 
お花                           マリーゴールド


●柏餅 6個 ¥780 (千鳥屋宗家 庄内店
庄内のサンパティオ1Fにある千鳥屋ではじめて買物。
柏餅は店頭のガラスケースに入ってたけど、白と緑しかなかった。
白はこしあん、よもぎは粒あん、それから庄内になかったピンクは味噌あん。

 
雑感 あるいは 玩具箱 : 柏餅 / 千鳥屋(宗家)

上品でやさしいおいしさの伝統和菓子 : 千鳥屋宗家 夙川店 [食べログ]

●お弁当 2人前 ¥8,000 (心斎橋 若松
おせちをつくってくれた心斎橋の料理屋さん「若松」にお願いして、
前夜に取りに行った。
お重の替わりのピクニックボックスを夜9時に渡して、
酒やに呑みに行って、おいしいグラッパの稀酒をいただいたら、
呑み助心に火が点いて、12時過ぎまで長居。
若松の大ちゃんからはメールで
「どこかで酔い潰れてはりませんか?」とお小言。
作ってもらったお弁当の写真は撮り忘れた。
残念。

●お赤飯 小 ¥210 (豊南市場 吉秀榮壽堂
「あっ、忘れてた」と坊さんの来る直前に思い出して、
自転車で急いで豊南市場へ。
ここのは、手作り感があって、小豆のうまみが利いたお赤飯。


当日は、仏壇横に行灯も出して、11時から一周忌の法要。
お葬式のときにやってもらった、豊中の如来寺さんからお参りに来てもらう。
つつがなく終わって、坊さんと話をしていると、
子どもの頃、よく遊んでた男の子のお父さんも昨年亡くなったことを聞く。
その男の子とは、幼稚園のとき、迷子になって、
警察のご厄介になったことも話題に。
ぼくが神崎川の向こうはどんなとこやろ?と思って、
その男の子を連れてずんずん、梅田に向かったはいいけど、
男の子は泣き出したんで置いていって、
ぼくは中津あたりで、どっちに行ったらいいか迷ってて、
警察に補導された。
その後、パトカーで自宅のある商店街まで笑顔で帰ってきた話。
昔、結婚らしきものをしたとき、お嫁さんにおうちの母親が披露していた話。
「こんな子ですけど、大丈夫ですか?」とお嫁さんに聞いていた。
あちゃ~。
こんなとこで話を蒸し返すことになるかぁ。
[PR]
by mamorus7 | 2012-04-27 11:00 | 宗教・生死


頭、いかれてる


by mamorus7

プロフィールを見る

検索